補足A: 大文字の使用について

タイトルやバージョン欄における大文字使用のガイドラインは以下を参照してください。また、一般的なガイドラインについては、あわせて「6. 大文字使用のガイドライン」を参照してください。

アーティスト名のはじめに「The」とつける場合は、大文字を使用します。以下の単語を使う場合は、基本的に小文字にします(一部例外あり)

  • a, an, and, as, but, for, from, nor, of, or, so, the, to, yet

 

4文字以下の前置詞 (at, by, for, from, in, into, of, off, on, onto, out, over, to, up, and with)を他の用途で使用する場合は、使用方法に応じて大文字に変更します。

例:

  • In the Still of the Night
  • (You Make Me Feel Like A) Natural Woman
  • To Be, or Not to Be
  • The One and Only

タイトルやバージョンの最初と最後の単語は大文字にします。括弧書きした文章の最初と最後の単語は大文字にします。以下の例を参照してください。

例:

  • To Be, or Not to Be
  • What They’re Looking For
  • War (What Is It Good For?)
  • (You Make Me Feel Like A) Natural Woman

意図的に間違ったスペルを使う場合は、正しいスペルを使うときと同じルールで大文字を使用します。以下の例を参照してください。

例:

  • In da House
  • Kill ‘Em n’ Grill ‘Em
  • It’s fo’ Realz

ハイフンで単語を区切る場合は、それぞれの頭文字を大文字にします(ただし、a, an, and, for, from, of, or, the, to, inは除く)。以下の例を参照してください。

例:

  • Down-and-Out Blues
  • Just Another Run-of-the-Mill Day
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。