補足B:オーディオの仕様

スタンダードなオーディオ作品

・利用可能な仕様:

  • ファイル形式: .wav, .aif, .aiff, .flac
  • サンプルレート: 44.1KHz, 48KHz, 88.2KHz, 96KHz
  • ビット深度: 16 bit, 24 bit
  • チャネル: 1 または 2 (モノラルまたはステレオ)

 

・オーディオのレゾリューションが 44.1KHz / 16 bit を超える場合は、配信前に44.1KHz / 16 bitへ自動変換されます。変換作業を行うと、音声品質に影響が出ます。このため、アーティストまたはレーベルがマスタリング作業を行う際に、ご自身で44.1KHz / 16 bit に変換したうえでアップロードいただくことを推奨します。

 

・アップロード前にマスターをアップサンプリングや、mp3やその他のロッシーフォーマットをロスレスに変換することは行わないでください。オリジナルのロスレスマスターを使用する必要があり、標準的なオーディオ製品では44.1KHz/16ビットが望ましいです。

 

ハイレゾリューションのオーディオ作品

・利用可能な仕様:

  • ファイル形式: .wav, .aif, .aiff, .flac
  • サンプルレート: 44.1KHz, 96KHzのいずれか
  • ビット深度: 24 bit
  • チャネル: 1 または 2 (モノラルまたはステレオ)

 

・オーディオのレゾリューションは、必ず上記の要件(44.1KHz / 24 bit または 96KHz / 24 bit)を満たすようにしてください。ハイレゾの作品は、プレミアム価格で最高音質の作品を届けることを目的としています。このため、音質にかかわる処理(ダウンサンプリングやディザリングなど)は、アップロード前に完了させてください。アップロード後、INGROOVESでダウンサンプリングやアップサンプリングを行うことはございません。

 

・アップロード前にアップサンプリングや、.mp3やその他のロッシーフォーマットをロスレスに変換することは行わないでください。必ずオリジナルのロスレスマスターを使用してください。 特にHRA製品では、可能な限りオリジナルのマスターのサンプルレートとビット深度を使用することをお勧めします。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。