16.オーディオの認証に関するルール

スタンダードなオーディオ作品

 

使用可能:

  • ファイル形式: .wav, .aif, .aiff, .flac
  • サンプルレート: 44.1KHz, 48KHz, 88.2KHz, 96KHz
  • ビット深度: 16 bit, 24 bit
  • チャネル: ステレオまたはモノラル

オーディオのレゾリューションが 44.1KHz / 16 bit を超える場合は、配信前に44.1KHz / 16 bitへ自動変換されます。変換作業を行うと、音声品質に影響が出ます。このため、アーティストまたはレーベルがマスタリング作業を行う際に、自身で44.1KHz / 16 bit に変換したうえでアップロードいただくことを推奨します。

 

マスターをアップサンプルしてからアップロードしてはいけません。また、.mp3 やその他非可逆のフォーマットをロスレスのフォーマットに変換することも禁止です。最初からロスレス品質のマスターを、できるだけ 44.1KHz / 16 bit の要件を満たす状態でアップロードしてください。

 

ハイレゾリューションのオーディオ作品

 

使用可能:

  • ファイル形式: .wav, .aif, .aiff, .flac
  • サンプルレート: 44.1KHz, 96KHz
  • ビット深度: 24 bit
  • チャネル: ステレオまたはモノラル

オーディオのレゾリューションは、必ず上記の要件(44.1KHz / 24 bit または 96KHz / 24 bit)を満たすようにしてください。ハイレゾの作品は、プレミアム価格で最高音質の作品を届けることを目的としています。このため、音質にかかわる処理(ダウンサンプリングやディザリングなど)は、アップロード前に完了いただくようお願いします。アップロード後、INGROOVESでダウンサンプリングやアップサンプリングを行うことはありません。

 

マスターをアップサンプルしてからアップロードしてはいけません。また、.mp3 やその他非可逆のフォーマットをロスレスのフォーマットに変換することも禁止です。最初からロスレスのマスターを使用してください。特にハイレゾ作品の場合は、できるだけオリジナルのサンプルレートやビット深度を使うことを推奨します。

 

注意: 作品をハイレゾとして納品すると、その後の配信に大きな影響があります。多くのDSPでは、スタンダードなオーディオ作品だけを受け付けています。このため、ハイレゾ作品を選択した場合は、配信先がHD TracksとiTunes(「Mastered for iTunes」の作品として登録可能な場合)に限定されます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。