24.ドルビーアトモスの納品

ドルビーアトモスオーディオの納品と配信は、いくつかの点で標準的なオーディオやビデオと大きく異なっています。

具体的な納品方法については、「アトモスのリリース作成」に直接アクセスしてください。

 

ユーザー体験

音楽サービスでは、リスナーに対して1つのリリースを提示し、楽曲再生をステレオとアトモスの間で切り替えられるようにすることを目指しています。

リスナーが何を聴くかは、再生機器がアトモスに対応しているか、アプリや機器の設定でアトモス再生を有効にしているかどうかで決まります。

リスナー全員が同じ製品を見ることになるが、この2つの要素によって、ステレオかアトモスのどちらかを聞くことになる。音楽サービスでは、画面上にバッジを表示することで、どちらを再生しているのかを明確にしています。 

 

音楽サービスの摂取

特定の音楽サービスが一定のアトモスオプションや機能をサポートしている場合がありますが、Ingrooves の資格は、納品、配信、ユーザー体験、レポートにおいて最も一貫した結果を保証するように設計されています。

音楽サービスでは、ステレオとアトモス製品を別々に配信したり、ハイブリッド製品をひとつのUPC で配信したり、発売日を独自に制御したり、互いに一貫性のない異なることを許可または要求しています。

注:Appleは現在、独立したアトモスのリリース日をサポートしていません。もしアトモスのリリース日をステレオのリリース日より遅く設定した場合、TidalAmazonでのみ機能し、Appleでは機能しません。

 

Central 内のステレオとアトモス製品

音楽サービスでのエンドユーザー体験は、2種類の楽曲で1つのリリースのように感じられるでしょうが、Centralでは、コアとなるステレオ製品と、それに連動するアトモス製品の2つを別々に作成する必要があります。

これには、以下のような理由があります:

  • 音楽サービスの配信要件
  • 音楽サービスがアトモス楽曲をステレオ楽曲にリンクさせる仕組みについて
  • Ingroovesの需要を報告する能力の最大化
  • 将来的に音楽サービスがアトモス対応を追加する際の柔軟性

 

まずはステレオ...次にアトモス

すべてのアトモス製品は、コアとなるステレオ製品(Central の "オーディオ" 製品タイプ)にリンクされている必要があります。

リンクされたアトモス製品を作成する前に、コアとなるステレオ製品を納品、承認、摂取して音楽サービスに配信する必要があります。

これは音楽サービスの要件です:同じトラックのステレオ版に関連しない単品のアトモス製品を作成することはできず、ステレオ版が最初に配信されるはずです。 

 

アトモスのリリース作成

ステレオ製品が納品され、Central リリースで表示されたら、2つの方法のいずれかでアトモス製品を作成し、リンクさせることができます。

  • リリースのメイングリッドビューで製品を見つけ、右側の3点メニューをクリックし、[アトモス用に複製]をクリックします。

                            blobid0.png

または

  • 「リリース作成」をクリックし、「ドルビーアトモス」を選択します。
  • ステレオ("オーディオ")製品が納品されたのと同じレーベルを選択し、ステレオ製品のUPCを検索してLinkをクリックします。
  • UPCが見つからない場合は、正しいレーベルを選択したか、ステレオ版がリリースにあるかどうかを確認してください。

 

どちらの方法でも、ステレオ製品のアトモスバージョンが作成されます。新しく作成されたアトモス製品には、ステレオ製品に戻るためのクリック可能なリンクが含まれます。 

 

 

トラックリストの条件

リンクされたアトモス製品は、そのトラックリストがステレオ版にロックされ、各トラックにアトモス素材が必要になります。

例:10トラックのステレオリリースにリンクされたアトモス製品は、10トラックすべてのアトモスバージョンを必要とします。

音楽サービスは、与えられたステレオリリースのトラックの一部のみのアトモス配信をサポートするかもしれませんが(例:10トラックのステレオリリースで、3つのアトモストラックのみが再生可能)、この要件により、配置機会(アトモストラックリストを完全に必要とするものもある)を失うことはありません。

一部の音楽サービスでは、配信されたアトモス素材を使用して、そのシステム内のISRCの実証にリンクします。

例:1曲入りシングルと、シングルを含む10曲入りアルバムを配信し、1曲入りシングルからアトモス製品を作成した場合、AmazonとTidalはアトモストラックを両方のリリースにリンクさせるはずです。

 

アトモス製品のメタデータ

音楽サービスでは、アトモスは1つのコアリリースとして、楽曲再生にステレオとアトモスの両方のオプションがあることを覚えておくことが非常に重要です。

 

そのため、メタデータに「アトモスバージョン」を追加したり、ジャケット画像や曲名を変更するなど、アトモス特有の変更を加えたい衝動に駆られますが、いくつかの重要な例外を除いては、そのようなことはしないようにしましょう。

 

UPC、カタログ番号、ISRCは、アトモス製品とユニークでなければなりません。それ以外の場合、すべてのメタデータはリンク先のステレオ製品と同じである必要があります。

 

 

配信

アトモス製品の配信は、通常の製品タイプの配信と大きく異なります。アトモスが音楽サービスに配信される方法は2つあります。

  • 2製品:ステレオとアトモス

ステレオとリンクしたアトモス製品の両方が配信され、音楽サービス側でアトモス音声を関連付け、メインのステレオ製品にリンクさせる。

最終的には合体した製品のように見えるが、それはステレオとアトモスの製品が別々に配信され、音楽サービスによってリンクされたものである。

TidalもAmazonもこの方式を採用しています。 

 

  • ハイブリッド1製品

Appleの場合、ステレオとアトモスのトラックのリンクは、製品自体の中、具体的にはステレオ製品のUPC下で生じるはずです。

これを実現するために、ingroovesはCentralから直接アトモス製品を配信することはありません。当社のシステムはステレオとアトモス製品の間のリンクされた関係を認識し、ステレオ製品を配信する際にアトモス素材をステレオ配信パッケージに直接含めます。

このため、アトモス製品にリンクされているステレオ製品のDeliveriesタブを観察して、いつ配信されたかを確認する必要があります。

 

 

修正リクエスト

アトモス製品のメタデータには前述の要件があり、UPCとISRCは納品後に変更できないため、アトモス製品の修正リクエストは、カタログ番号とアトモスオーディオ素材に対してのみ納品可能です。 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。