38.ドラフトの作品を保存する

新規で作成したドラフトは、自動的に保存され、後からアクセスできるようになります。メタデータの入力画面が開いている場合は、必ず「完了」をクリックして変更を保存してくだしさい。(「キャンセル」をクリックするか、ブラウザのウィンドウを閉じてしまった場合、編集中の内容は消えてしまいます)

 

素材をアップロードすると自動的に保存されます。また、メタデータの入力画面で保存した内容は、ドラフトに反映されます。保存した後は、いつでも「納品」のページから作成中のドラフトにアクセスできます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。