5.カテゴリー、フォーカスエリア、ポイント

カテゴリー、フォーカスエリア、ポイント解説

  • すべてのタスクには、カテゴリーフォーカスエリアが割り当てられています。
  • 「カテゴリー」はタスクの種類を指しており、「フォーカスエリア」はタスクのDSPや目的を指しています。
    • 既定の「カテゴリー」は、戦略、基礎準備、実行、その他です。(「その他」は、ユーザーが作成したタスクで、規定のカテゴリーを選択しない場合のみ適用されます。)
    • 既定の「フォーカスエリア」は以下の通りです。マーケティング、オペレーション、Spotify、Amazon、Apple、YouTube、Pandora、ソーシャル、その他(「その他」は、ユーザーが作成したタスクで、規定の「フォーカスエリア」のいずれかを選択しない場合のみ適用されます。)
  • すべてのタスクには、5、10、15 のいずれかのポイントが割り当てられ、タスクの優先度を示すために使用されます。
    • 標準的なタスクの値は5で、10と15は優先度の高いタスクを示すために使われることがあります(ポイントが高い=優先度が高い)。
    • タスクが完了すると、そのタスクのカテゴリーとフォーカスエリアの両方に、割り当てられたポイント数が加算されます
    • カテゴリーとフォーカスエリアの進捗管理は、獲得したポイントに基づいて行われます
      • 例 「タスク 123」には 5 ポイントが割り当てられており、カテゴリーは「戦略」、フォーカスエリアは「Spotify」です。そのタスクを完了すると、カテゴリー:戦略、フォーカスエリア:Spotify に対して5ポイント獲得できます。 

 

           ________.png 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。